Champion1(チャンピオン1)

★PGnet メニュー

PGnet パタヤ ゴーゴーバー情報

, トップ

 *ゴーゴーバー[ウォーキングストリート(地図, ソイ15, ソイダイヤモンド), LKメトロ(地図), ソイ6,7,8(6地図, 7,8地図)]
 *掲示板, 画像ブログ, ランキング, ピンポイント地図個別一覧


BGnet バンコク ゴーゴーバー情報

, トップ

 *ゴーゴーバー[ソイカウボーイ(地図), ナナプラザ(地図), パッポン(地図)]
 *掲示板, 画像ブログ, ランキング, ピンポイント地図個別一覧


その他


 *PGcom英語版  *サポーター案内アフィリエイト  *連絡先, パタヤ情報/航空券/為替/翻訳


★Champion1(チャンピオン1) 地図


通称名
オフィシャルサイト等の検索
Champion1(チャンピオン1) ストリートビューWS(この奥右)

☆補足説明

ダンサー別バーファイン,ショートタイム・ロングタイム一覧(一部写真付き)

 パタヤ ゴーゴーバー 入場料徴収店 客引き経由だとワンドリンク付きで300バーツ〜1,000バーツ超 Champion1(チャンピオン1)
 2016/4/3移転オープン
 2016/3/27に新規オープンしたチャンピオン2は系列店


★掲示板55ちゃん該当スレその他のゴーゴーバー

【日時】
 2014/9/13(金) 24:40
【ダンサー数】
 10人目測(ショーガールを含む)
【レポ】
 SGの子が 前にSeaにいたときのママが ここのママをしているとのことで連れていかれる。
 入場料徴収しないことを確認してから入り口へ。入り口脇には入場料徴収ブースがあるがスルー。
 場末感たっぷり。入った時は 風船割り たばこなどのショーをやっていて 終わるとチップ集め。
 ショーダンサーのレベルはめちゃめちゃ低く 見る気にもなれず。
 通常のダンサーには何人か許容範囲は存在。


【日時】
 2014/12/13(土) 21:30
【ダンサー数】
 10人目測
【レポ】
 元バカラ嬢がショーがみたいと客引き(言い値300B/人)についていくとここに連れて来られる。
 前回入場料無料で、あまり良くなかったからと入場を断わり、いったん外に出るが、どうしても入りたいという元バカラ嬢の希望で 再度交渉(数カ月前に来て入場無料だったと)をして シブシブ了承させて入るが、No Goodなショーに納得させて 10分ほどで出る。
 ドリンク代250Bで済む。


ファランレポ
【レポアップ日】
 2015/10/13
【一部翻訳レポ】
 チャンピオンの前を歩いていた時に雨が降り出したので、入ってみることにした。
 入場料徴収店になってからチャンピオンを訪れたことはなった。

 驚いたことに満席だった。
 長い間働いている、丸顔で太った背の低いサービスがいることにも気付いた。

 プッシーショーや汚らしいレズショーの後、4人のデカい白ブラダンサーが踊った。
 みんな低レベルであることには全く驚かなかった。
 男にとって、チャンピオンは嬢を連れ出したくなるようなバーではない。
 嬢にとっては、オッパイやらマンコやらをねちっこく触らせて何枚もの20バーツ札を稼ぐ場所だ。

 ハイネケン150バーツ、レディードリンク150バーツ。
 ファランはタダで入ることができるが、インド系は入り口での支払いが必要。


【移転休業】
 2016/3/28
【移転再開】
 2016/4/3


【移転再開・新規オープン・呼称変更】
【レポ】
 4/3 旧チャンピオンを引き継いだChampion1(チャンピオン1)が"The Blues Factory"(ブルースファクトリー)跡に移転再開
 3/27 Cedar Club跡にChampion2(チャンピオン2)が新規オープン

 写真はPGnetブログ
 http://pgnet-pattayagogos.blogspot.com/2016/04/champion11-champion22.html


【日時】
 2016/4/6(水) 22:20
【ダンサー数】
 ボード確認11人(その他ショーガール4人)
【レポ】
 伝票番号1891番。
 "The Blues Factory"(ブルースファクトリー)跡に2016/4/3オープン。
 ウォーキングストリートを代表するブルースの名店が、入場料徴収オマンコショーバーに変身した。 ビックリポン!

 入店時はショータイムが終わったところなので、中・印・アラブ系の客20人以上が次々と出て行った。
 入場料はテキトー。 呼び込み兄ちゃんと交渉妥結した金額となる。
 ファランはドリンク代(100バーツ〜)のみ、日本人は運次第(中国人と認定された場合は事前にドリンク付き入場料を支払う。金額不明)。

 PGnetは100バーツコースなのでテーブルに伝票箱が置かれる。
 後ろにいた若い香港人から「ドリンク代も払うの?」と聞かれ、「中国語も英語も分からない」と答えるしかなかった。

 コヨーテは6人チームと5人チーム。 ベテランとしての愛嬌はあるがレベルは厳しい。
 ショーガールは数か月前にエレクトリックブルー(元々はクラブリラックスやエックスゾーン)から移籍してきた嬢など。

 ショータイムの内容は以下のタイトルから想像してほしい、
 笛とラッパ・三色花・書写・ロウソク火消し・風船割り・タバコ・ピンポン玉・バナナ・カミソリ刃30枚出し・炭酸水栓開け・レズショー
 とにかく長い。
 類似ショーの一部はBGnetブログで映像紹介されている。
 http://bgnet-bangkokgogos.blogspot.com/2016/03/blog-post.html

 複数回のチップ回収があるがしつこくはない。
 レディードリンク150バーツ。



掲示板55ちゃん該当スレその他のゴーゴーバー